札幌 引越し業者

引越し業者を選ぶポイント

引越しの際に、引越し業者を選ぶことはとても大切です。
なぜなら、引越し業者によって引越し料金を抑えることができたり、逆にかなり高くなってしまったりすることがあるからです。
また、引越し業者によってできるサービスとできないサービスとがあります。

そこで、引越し業者をよく比較して自分のニーズに一番合った札幌の引越し業者を選ぶことが大切です。
では、引越し業者を選ぶ際のポイントにはどんな点が含まれるのでしょうか?
まずは、いろいろな引越し業者に見積もりを依頼し、その料金と内容を比較しましょう。
その中で、見積もり料金だけではなく、引越し業者のサービスに含まれているものを確認するようにします。
もし、そのサービスが自分でできるもので引越し業者に依頼する必要がないものであれば、その分の値引きができるかどうか尋ねてみるといいでしょう。
逆に、自分が受けたいと思っているサービスが、依頼するとオプション料として別途かかる業者もあれば、もともとのサービス内容に含まれている業者もあります。
そうした点を比較検討すると、見積もりでは見えてなかった引越しにかかる本当のコストが見えてくるはずです。
それで、自分の受けたいサービス内容を一番リーズナブルな料金で提供してくれる引越し業者を選ぶと、引越し費用の節約と満足につながります。

引越し一括見積の体験

私は相見積もりで引越し業者を選ぶことが大切だと思います。
転勤族でもなければそうそう引越しの機会もありませんので、相場がいくらなのか、どういう料金計算をされているのか素人にはわからないからです。
なので私は、インターネット上にある見積もり一括請求サイトも利用しました。
仕事が終わってから夜11時ころ行いました。
こちらの大まかな荷物の量や大型家具の種類など入力して、送信ボタンを押した5分後くらいには1社電話がかかってきました。
毎日仕事が遅くてなかなか家にいられないという方にも対応してくれるようです。
私は24時間体制?!と少しびっくりしましたが。

「ネットでお見積もり」とはよくサイト上で見かける表現ですが、実際は営業の方に家の中を見てもらわないと見積もないそうです。
荷物の量、大型家具の大きさ、引越し元と引越し先の距離、引越し日時、ダンボールの有無などなど。
結構いろいろな条件が加味されて引越し料金がきまります。

気に入った札幌の引越し業者には何社からかとった見積もりを提示して値引きの交渉にも挑戦しましょう。
たいていは値段を引いてくれたり、ダンボールをおまけしてくれたりします。
引越しの日時を余裕をもって設定することも重要です。
○日と伝えるのではなく○日から○日の間のどこかと伝えるほうがお安くなります。
引越し業者の空いている日にちに入れることで値引きしてくれるのです。
なにかとお金のかかる引越しですが、引越し業者の選定を早めに済ませておくことで節約になります。


少しでも安く引っ越しする方法

いざ引っ越しをすることになると、手間も時間もお金もかかりとても大変な作業になります。
私もこれまで何度か引越しをしているものの、やはり引越しをする際は少し面倒だなといつも感じます。
私は引っ越し業者を必ず利用するようにしていますが、引越し業者選びはしっかりとしなければいけません。
初めて業者を利用する方やあまり慣れていない方は最初の1社で見積もりを出して貰いそのままお願いしてしまうケースが非情に多いですが、そうしてしまうと実はとても損をしている場合があります。
初めに見積もりを出して貰う業者はよくうちが初めてのお見積もりですか?等と尋ねてくる場合があります。
それからうちで決めるなら更に安くしますと、最初の見積もりより良いお値段で提示してきます。
ここで決めてしまう方が多いですが、ここで焦らず必ず数社から見積もりを出して貰うようにするのが重要です。
業者は忙しそうに契約を焦らせることが多いですが、そこは冷静に対応するように心がけてください。
数社から見積もりを出して貰うと気づくと思いますが、実際には業者によってかなり値段の開きがあることが多く驚くと思います。
仮にそれ程金額の開きが無い場合でも、後からじっくりと感じの良い業者等を選ぶことができます。
広島の引越し業者選びはとにかく冷静になって数社から見積もりを出して貰う事は一番重要なことです。
こうすることで、かなり引っ越し代を節約できると思います。

荷造りを楽にするのは普段の整理整頓

私が広島から新潟へ引越しの荷造りをしているときにいつも思うのは「普段からもっと整理整頓をしておけば良かったな」ということです。引越しの荷造りというのは、意外と頭と体を酷使しますので、毎日作業しているととても疲れてしまいます。ダンボールの箱を1つ造りあげるのにも時間がかかりますし、そのダンボールをうまく部屋に整理していかないと、引越しまでの生活スペースを確保することができなくなってしまいます。

ですが、もしも普段からしっかり部屋を整理整頓しておけば、そこまで苦しむことはないはずです。ただ、部屋というのは整理整頓に気をつけずに使っていると、特に散らかしているつもりはなかったとしても、少しずつ物であふれ返ってしまうものです。そして、それがたとえ少しずつであったとしても、引越しから引越しまでの期間が長ければ長いほど、収拾がつかなくなるほどの散らかりようになってしまいます。

そうして、普段から整理整頓を心がけなかったそのツケを、引越しのときに毎回私は払っています。それを防ぐためには、引越しをした初日から、もう次の引越しを考えて整理整頓を毎日心がけることが、少しでも引越しの負担を減らすことにつながると私は思っています。ですので、今度こそ次からは絶対そうしたいと私は思っています。

3回の体験から

私はこれまでに3回の引越しをしました。一度目は、実家から一人暮らしをするための引越し、三度目は一人暮らしから実家へ神戸へ引越しでした。
実家から一人暮らしのための引越しはとても楽でした。荷物が少ないからです。家電は全て新しく買い、店舗から直接アパートへ郵送してもらったためです。
小トラック一つで十分でした。実家の狭い自分の部屋から、アパートへ引越すのですから当然でした。
逆に、三度目の引越し、一人暮らしのアパートから実家へ戻る引越しはそれはもう大変でした。仕事をしながらの引越しだったので、荷造りが全く進みませんでした。まず困ったのはダンボールの確保です。街中に住んでいたため、スーパーが少なく、また、車を持っていなかったので、なかなか集めることが出来ませんでした。
いよいよ引越して、実家に着いたのはいいものの、アパートにあった家具家電で私の部屋は埋め尽くされてしまいました。急な引越しだったため仕方なかったのですが、これには参りました。
洗濯機、冷蔵庫なども一緒に実家に押し込まれ、どうしようもありませんでした。
当たり前のことですが、狭いところから広いところへの引越しは簡単ですが、広いところから狭いところへの引越しはとても大変だと身を持って実感しました。

逆ギレ引っ越し業者

すでに同棲していた二人は、冷蔵庫や洗濯機など家具家電の多くを引っ越し業者に頼みました。しかし限られた費用の中、予算の問題もあり、情報誌やネットを通じてなるべく札幌で安い引っ越し業者を選びました。

そして本人たちも引っ越し先へ到着し、いよいよ業者に頼んだ家具家電が届いたという矢先、見るとお気に入りのソファの脚が一本折れていたそうです。当日はバタバタとしていて気づかなかったようで、翌日に業者へ電話すると「それはすみませんでした〜」と流そうとしていたようで、弁償を請求すると「うちはそんな荒い仕事はしませんよ!」となぜか逆ギレ。挙句の果てには、「最初から壊れてたんじゃないですか?」と、あたかも頼んだこちらが不当に弁償を請求しているかのような言われ方をしたとのこと。

そんな理不尽なことは許さない二人ですので、その後なんとか弁償してもらったようですが、よくよく調べてみるとその業者はネットで随分な口コミ評価だったようです。もっと調べてから別のところへ頼めばよかったと言っていましたが、あくまでも札幌の引っ越し業者として名がある会社。最低限の対応はしてもらいたいものです。

 

サイトマップ